2018〜2019年度 足柄ロータリークラブ


会長  
高橋 恒雄



 

会 長 方 針

                 

               『楽しいロータリー・役に立つロータリー』

 2018-19年度RI会長バリーラシン氏(バハマ・イーストナッソロータリークラブ所属)の今年度のテーマは『インスピレーションになろう』です。
 「何か大きいことに挑戦しようというインスピレーションをクラブや他のロータリアンに与えて下さい。自分よりも長く後世に生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出して頂きたいです。」と語り掛けています。
 Be the inspiration、今日直面する課題に創造性をもち行動を起こす意欲を引き出す、地域社会やその人々の心に火をつけそのやる気を引き出していくのは我々ロータリアンの様な気がします、ロータリアンだからこそ出来る事ではないでしょうか。
 その為には我々が楽しい例会を満喫出来る事、何時もとは何か違った変化や切っ掛けを生み出していく事、それが地域社会に興味ある役立つロータリー活動を広げていく事にもつながっていくと思えます。
 今年度はRI会長のテーマに添い、各クラブごとにテーマを設定することとなりました。
 当クラブは首記の通り『楽しいロータリー・役に立つロータリー』をテーマにいきたいと考えます。
 これは、RI会長のテーマ『Be the inspirationインスピレーションになろう』に相通ずるものがあると思います。
 又クラブが次年度創立30周年を迎えるに当たり、今年度は前年度からの経過点であり、ロータリーの原点にかえり30周年に向けた更なる土台作りに努めていきたいと思います。
  

                    今年度の目標

1. ロータリーをよく理解し、ロータリーの基本を大切にしていく
  ・各委員会活動の活性化を図る。
  ・会員同士の交流の場を通し、お互いに見聞を広げ向上を図る。
  ・奉仕活動等での機会を通し、他クラブ、他団体との交流の輪を広げる。
2. 毎回の例会を大切にする
3. 会員の増強と維持についてを、会員全員で考え、取り組み、会員純増 3名以上を目指します
4. 親睦や交流事業を通し、又他クラブとの交流を模索しながら、『楽しいロータリー』にしていく
5. 例会や事業を通し『役に立つロータリー』を目指す
  ・水源の森整備事業の継続
  ・地域内の小学校への図書寄贈の継続



 以上を会長方針とさせて頂き、今年度も会員一人ひとりが足柄ロータリークラブに入会して良かったと思えるクラブにしていきたいと思いますので、皆様には忌憚のないご意見と、どうぞこの1年間のご支援、ご協力の程よろしくお願い致します。

2018、7、1

高橋 恒雄